恥ずかしがりやの風俗嬢

最後は風俗嬢の大きなおっぱいでパイズリ

俺は身長も体型も小さめでかなりひ弱に見えるタイプ。そのため、プライベートでは女の子になかなか好かれないし合コンの誘いも来たことがない。仕事はそれなりにいい職に就いているのでお金はあるんだけど、せめてもう少しプライベートを充実させたいと思っていた。そこで、俺はデリヘルを使って俺の下半身事情を満足させようと考えた。基本的に風俗関連のサービスってほとんど使ったことがなかったので、いきなりデリヘルを使うとしてもどうやっていいかわからなかった。そのため、受付の人に言われるがままオプションを付けて充実したプレイにするために近くのホテルでプレイすることになった。待ち合わせ場所に行くと、ぽっちゃり系の風俗嬢がいて彼女と手を繋ぎながらホテルに入った。バスルームでは軽く体を洗ってもらって、その後に肉棒を丁寧にご奉仕してもらった。イチャラブをしながら肉棒を刺激されるっていうのもなかなかいいもので、彼女のおっぱいに挟んでシコシコされると我慢できなくて発射した。

女性画像

エロくて最高!

エロい女の子をとにかく大好きな自分でありますが、今回のデリヘル嬢は文句なしにいやらしいタイプでしたので最高に楽しめました。いやらしいというのは色々と人によって捉え方があるかもしれませんが、自分にとっては風俗ではとにかくこちらに対して攻めまくってくれる、こちらの攻めに感じまくってくれるという二つの要素を満たしているタイプを指します。完璧にいやらしいことをしにきた自分にとって、彼女の風俗嬢としてのプロ意識は間違いなく驚くべきものでしたし、尊敬するべきものでもありました。完璧にいろいろとこちらが望むようにしようとしてくれているのがよくわかりました。いやらしい技をたくさんしてくれるからこそこちらは安心してプレイを受け身になって楽しめます。こちらからの攻めもしっかりと受けてくれるこのデリヘル嬢はとても良い子だと今でも思いますね。普通に感じてしまうようなタイプの人間ですから自分は間違いなくいやらしくなれました。

上手く性癖を刺激する風俗嬢って素晴らしい

結婚する前はしょっちゅうデリヘルを利用していた。かなり過激なテクで気持ちよくしてもらったこともあったし、連続射精をして全身の快感に震えたこともあった。でも、結婚してからはデリヘルを利用するチャンスがなかなかなくて、自分の性癖を刺激してもらえなかった。嫁がかなりのテクニシャンであれば俺の性癖を刺激してもらえるんだけど、残念ながら嫁とのエッチなプレイでは満足できなかった。プレイに疲れた?そんな日はデリヘル!ってことで、嫁と嫁の友達で旅行にいかせた。数日間帰ってこないので、俺はデリヘルを頼んで性癖を上手く刺激してくれる風俗嬢を派遣してもらった。家に来てくれた風俗嬢はかなり久しぶりだったとはいえ俺の事を覚えていて、すぐに絶妙なテクで俺の性感帯を刺激してくれた。久しぶりに彼女の愛撫を受けてので体が敏感に反応してすぐに射精してしまった。しかし、射精後も彼女は同じように刺激してくれて以前のように連続射精をしてしまった。やはり、自分の性癖を刺激してもらえるプレイってすごいな。